カッター研修

◆入所前に
① 各艇ごとの乗員を決めて乗艇者名簿を作成 → 2週間前までに提出
・内側は外側に比べて体力を必要とします。内側には、力のある人を配置してください。
・1艇の乗艇人数は、引率者・交代員を含めて最大27名、最小22名です。
(人数が少ない場合は、引率者が1人で漕ぐこともあります)
・船酔いする乗員や交代する乗員は、交代員の近く(9~12番)にしてください。
・艇長及び副艇長は海の専門家です。艇指揮者は青年の家の所員です。

◆入所してから
② 予定通り実施できるかどうか打ち合わせます。(事務室にて)
  午前の研修は、 8時20分
  午後の研修は、12時20分


③ 研修開始時刻(8時40分・12時40分)までに車庫前へ乗艇する艇ごとに集合してください
(集合時間までにトイレを済ませ、ライフジャケットを1人1つずつ持って1,2番を先頭に4列で並びます。)   
※見学者、引率者もライフジャケットは必要です。
※変更が無い場合でも引率責任者が各艇の人数と乗艇者以外の人数(引率者とカメラマン・見学者)の人数を鴨川青年の家所員に報告してください。
※あらかじめ玄関脇にある救命胴衣を全員が着用してください。
 ライフジャケットのサイズについて
・小・中・大のサイズがあります。
・小学6年生までは小のサイズ(体重25~40kg)を着用してください
・小学6年生以下でも40kgをこえる方は中のライフジャケットを着用してください。
・また、中のサイズが窮屈な方は大のサイズを着用してください。


④ 所員からカッター研修の説明を行います。(約20分)


⑤ 鴨川漁港まで徒歩にて移動します。(約20分)
カッター研修場所までの案内図
※かかとの固定できる靴。(サンダルは不可)


⑥ 港に着いたら、所員の指示で乗船します。


⑦ 各艇には必ず団体の引率者が乗船してください。

⑧ 所員の指揮でカッター研修が始まります。


⑨ カッターを乗り降りするときは、カッター艇長・副艇長にあいさつをしてください。

⑩ 漁港から徒歩にて青年の家に帰ります。交通事故に十分注意してください。

⑪ 青年の家に着いたら、救命胴衣のファスナーを締めて元の場所に返します。